メニュー

相続・遺産分割 - 墨田区の錦糸町駅から徒歩2分 | 鈴木淳也総合法律事務所

03-6853-6757 受付時間:平日9:00 - 18:00 / 土曜9:00 - 15:00 お問い合わせフォームは
24時間365日受付中

相続・遺産分割

墨田区錦糸町の弁護士が相続・遺産分割に関するお悩みを解決します

 以下のようなお悩みに誠心誠意、対応します

 


☑ お世話になった人に相続で財産が渡るようにしたいけど、遺言書をどう作成していいかわからない

 

☑ 遺産がどれだけあるのかも把握しきれず、調査から弁護士に対応して欲しい

 

☑ もう10年以上連絡を取っていない親族と遺産分割の件で連絡をとりたくない

 

☑ 相続人の一人が被相続人の預貯金を使い込んでいた

 

☑ 特別受益を考慮した公平な遺産分割をして欲しい

 

ご自身で対応して疲弊する前に、まずは当事務所の無料相談をご利用ください。

flow

取扱分野

 遺産を残したい方

遺言書を作成したい   

 

 

 遺産を受け取る方

遺言書が見つかったら  遺産相続でもめている  遺留分が侵害されている 預貯金の使い込み    遺言書の有効性を争う 

 

 

 遺産分割協議

遺産分割協議とは、相続人間で遺産をどのように分けるか話し合いで決めることです。遺産の中に、現金や不動産等、性質が異なるものが混在していると、相続分どおりにすんなり分けられませんので揉める原因となります。

 

 遺産分割の方法

☑ 現物分割

財産そのものを現物のまま分割する方法です。

「不動産は兄、預金は弟」、「預金を兄と弟で半分ずつ」といった形です。

☑ 代償分割

現物を相続する相続人が、他の相続人に対して相応の金銭を支払う形で分割する方法です。

例えば、遺産が不動産しかない場合に、「兄が不動産を相続し、兄は弟に相応の金銭を支払う」といった形です。

☑ 換価分割

遺産を売却して得た金銭を相続人間で分配する方法です。

例えば、遺産が不動産しかない場合で不動産を取得したい相続人がいない場合、代償分割の方法はとれません。そこで、不動産自体を売却し、売却金を相続人間で分けるということです。

 

 

 遺産分割に影響する事項

 

☑ 特別受益

特別受益とは、相続人が被相続人から生前に利益を得ていた場合に、その利益分のことをいいます。公平を図るため、特別受益を相続財産に加算して各相続人の取り分を計算します。

例えば、住宅購入資金の援助、海外留学費用、結婚の際の支度金

 

☑ 寄与分

寄与分とは、被相続人の財産の維持又は増加について特別の貢献をした相続人等が相続分以上の財産を取得できる制度です。

 

 

 遺留分

遺留分とは、被相続人の兄弟姉妹以外の法定相続人に対して留保された相続財産の割合のことです。遺言によっても、遺留分を無くすことはできません。

 

当事務所に遺産相続を依頼するメリット

  1. 後に揉めないような遺言書を生前に作成することができる
  2. 手間のかかる相続財産の調査等を全て任せることが出来る
  3. 感情論に終始しないので、親族間の揉め事を最小限に抑え関係悪化を防ぐ
  4. 不公平な生前贈与や遺贈が行われても一定割合(遺留分)を取り戻すことが出来る
  5. 弁護士が代理して遺産分割協議を行うので、親族と連絡を取らずに済む
  6. 最善の方法で事業承継を行うことができ、安定的に事業を継続することが出来る

よくある相談例(Q&A)

 

 

遺言書

    • Q 遺言書の作成はいつ頃作成しておけばいいのでしょうか。
      A いつ何が起こるかわらかないため、思い立った時に作成しておくことが望ましいです。後日、内容を書き直すことは可能です。

    • Q 遺言書で遺言執行者を指定することは可能でしょうか。弁護士に遺言執行者になってもらう場合、報酬はいつ支払うことになりますか。
      A 遺言書の中で遺言執行者を指定することは可能です。報酬も記載しておくのが通常です。遺言執行者の報酬は、相続開始時に発生し、相続財産の中からお支払いいただくので、生前にお支払いいただく必要はありません。当事務所で遺言書の作成からお手伝いしております。
    • Q 遺言書で遺言執行者を指定しておくメリットは何でしょうか。
      A 遺言書の内容が各相続人の思惑と一致しないと揉めることがありますが、遺言執行者を指定しておくことで遺言執行者が単独でスムーズに遺言書の内容を実現することが可能となることです。

 

遺留分・相続放棄

      • Q 父が亡くなり遺言書が見つかりましたが、私へは財産が一切渡らない内容でした。どうすることもできないのでしょうか。
        A 遺留分が侵害されていますので、遺留分侵害請求により遺言書で財産を取得する者に対して、侵害されている遺留分の金額の支払を請求できます。
      • Q 推定相続人の遺留分を侵害する内容の遺言書は無効となるのでしょうか。
        A 内容が推定相続人の遺留分を侵害するものであっても、遺言書の効力に影響はありません。
      • Q 私は家族と仲が悪いのですが、先日、弟から連絡があり存命の母の財産を全て放棄する旨の書面にサインするように求められサインをしました。これで、私は、母の財産を相続することは出来なくなりますか。
        A 生前に相続放棄をすることは出来ません。また、生前に遺留分を放棄するには、家庭裁判所の許可が必要となります。したがって、そのような書面にサインしただけでは、何ら効力が生じないため、相続することが可能です。
      • Q 亡くなった父は個人事業者であり、借金がたくさんありました。相続により借金も相続することになるのでしょうか。
        A 借金のようなマイナスの財産も相続の対象となります。債務超過なのであれば、相続放棄をされた方がいいでしょう。

 

遺産分割

      • Q 私たち兄弟は仲が悪く、この20年話すらしていません。父の遺産分割の件で連絡が来たのですが、代わりに対応いただくことは可能でしょうか。
        A ご依頼いただきましたら、弁護士が遺産分割の協議を代理で対応いたします。ですから、遺産分割の件でご兄弟と直接お話いただく必要はありません。
      • Q 母と同居していた兄が、母の生前に多額の預金を引き出していたことが分かりました。遺産を分けるにあたりどうしていけばいいでしょうか。
        A 預金の使い込みの問題ですね。お兄様が無断引き出しを認めるのであれば、遺産の先取りとして遺産分割で対応できます。一方で、否定される場合には、遺産分割ではなく、別途裁判を起こして金銭の返還・支払いを求めることになります。
      • Q 私は高校を卒業して家業の手伝いをしてきましたが、弟は私立大学に進学し学費を全部亡くなった父がだしました。大学の学費は特別受益に当たりますか。
        A 高校卒業以降の学費が特別受益に当たるかどうかは、個別事情に基づき判断されます。この場合ですと、特別受益と判断される可能性が高いです。
      • Q 兄は父が所有する家を無償で借りて住んでいます。家賃を払わずに住んでいた分が特別受益に当たらないでしょうか。
        A 無償で使用していたので使用貸借ということになります。贈与を受けたわけではなく、相続財産の前渡しといえないので特別受益とはなりません。
      • Q 死亡保険金の受取人が相続人のうちの一人となっていました。この場合、受領した保険金を特別受益として扱えないのでしょうか。
        A 相続人の一人が死亡保険金を受け取っても、原則は特別受益とはなりません。ただし、遺産の総額と死亡保険金の金額を比較し公平を害するといえる場合には、例外的に特別受益として扱われることがあります。
      • Q 私と妹は遠くに嫁ぎましたが、兄は地元に残り頻繁に父の様子を見に実家に帰っていました。兄から、お前たちは親の面倒を見ていないのだから父の遺産は全部自分がもらうと言っています。認められるのでしょうか。
        A お兄様の主張は通りません。細かな事情を検討し寄与分の条件を満たせば、お兄様が多く相続できる可能性はあります。しかし、頻繁に様子を見に行っていただけであれば、寄与分は認められません。

 

遺言無効

    • Q 父が亡くなり、全財産を兄に相続させると書かれた遺言書が出てきました。しかし、父は生前認知症を患っていました。この遺言書は無効となりませんか。
      A 認知症というだけで無効になるわけではありませんが、個別事情によっては無効となる可能性はあります。遺言無効確認訴訟を提起することになります。

相続問題の解決事例

50代男性 相手方の寄与分の主張を退けた

flow

高齢の母が亡くなった後、兄弟の一人(相手方)が、自分が母の面倒をみていたので多くをもらう権利があると言って、適切な遺産分割に応じてもらえない方からの依頼でした。
相手方からは、母名義の預金情報など一通りの遺産の情報を開示してもらっていましたが、寄与分があると言ってこちらの求める遺産分割案では納得できないということでした。

依頼を受けて弁護士は、母名義の預金がある各金融機関に対して取引履歴の開示を請求し、遺産の総額を把握することにしました。調査の結果、遺産分割の対象となる財産は総額2千万程あり、相続人が2人であったため、法定相続分どおりですと一人あたり約1千万を受領できる状況でした。法的には相手方に寄与分が認められる状況でもありません。

 

相手方は、当職が受任した後も、母の様子を見るためにいろいろ犠牲にしたこと、交通費等がかかった等といって1千万からの大幅な減額を求めてきました。依頼者と相談のうえ相手方が主張した合理性のある交通費に関してだけ控除して残りを2分の1ずつ分けることで話がまとまり解決にいたりました。

鈴木 淳也弁護士からのコメント

flow

血のつながった兄弟であっても、相続となりますと、信じられないような争いが生じてしまうものです。感情的になってしまうので、相続で争いになる場合には、弁護士に相談し早い段階で代理人になってもらうのが望ましいです。

本件においても、私は、依頼者に対して、相手方が亡くなったお母様の面倒を時々みてくれていたことに感謝の気持ちを示すべきであることをアドバイスし、その手紙を相手方に見せたところ相手方の感情が落ち着き、調停を起こすことなく協議で解決することが出来ました。

60代 男性 生前の無断引き出し

flow

父が亡くなり、父と同居をしていた弟から、父の遺産が約2,000万円なので1,000万円支払って遺産分割を行いたい旨の通知が来た方からの依頼でした。依頼者が言うには、もっと遺産があるのではないかということでした。

依頼を受けた後、相手方から財産の開示を受けたところ、相続開示時の遺産はたしかに2,000万円程でしたが、それ以前の通帳履歴の開示がなかったため、弁護士の方で各預金口座の取引履歴を取り寄せて調査しました。
そうしたところ、高額出金が複数回にわたってなされており使途不明金があることが判明しました。

父はここ数年一人で外出することが出来ない状態であり、またそのような高額の金銭を使うこともあり得なかったため、こちらからは相手方の無断引き出しであると主張しました。
その後、交渉を続けた結果、相手方が客観的資料に基づき説明出来た分は除き、それ以外の高額出金については遺産に加算して分割することで話がまとまり、当初相手から示された金額より約300万円多く受領する形で遺産分割が成立しました。

鈴木 淳也弁護士からのコメント

flow 使途不明金に関しては、相続においてしばしば問題となります。相続時の財産の確認だけでは不十分であり、過去の取引履歴を調査しお金の動きを確認することは不可欠です。
亡くなった方のそばで生活して預貯金を管理していた相続人がいる場合は、無断引き出しがある可能性を否定できませんので、遺産額に疑義がある場合は弁護士に依頼されることをお勧めします。

相続問題の料金表

※ 料金は全て税込み表示です。

相談料

初回60分無料となります。

 

遺言書作成サポート

作成手数料

11万円~

遺産分割協議

着手金

①協議        16万5000円 
②調停・審判      27万5000円
※その他、諸費用として初回に定額1万円をいただきます。
※①から②、①から③、②から③へ移行した場合、それぞれ着手金の差額のみを追加でいただきます。

※②、③については、印紙代等の実費やが発生します。

報酬 

【取得額が3000万円以下の場合】

 25万円+取得額の8%

【取得額が3000万円を超える場合】

 125万円+取得額の4%

遺留分侵害請求

▼請求をする

着手金

①協議     16万5000円 
②調停     27万5000円
③訴訟     33万円
※その他、諸費用(通信費、切手代)として定額1万円をいただきます。
※①から②、①から③、②から③へ移行した場合、それぞれ着手金の差額のみを追加でいただきます。

※②、③については、印紙代等の実費やが発生します。

報酬 

【取得額が3000万円以下の場合】

 25万円+取得額の8%

【取得額が3000万円を超える場合】

 125万円+取得額の4%

 

▼請求を受ける

着手金

①協議     22万円 
②調停     33万円
③訴訟     44万円
※その他、諸費用(通信費、切手代)として定額1万円をいただきます。
※①から②、①から③、②から③へ移行した場合、それぞれ着手金の差額のみを追加でいただきます。

※②、③については、印紙代等の実費やが発生します。

報酬  44万円

 

使い込み金の返還請求

▼請求をする

着手金

①協議     22万円 
②訴訟     33万円
※その他、諸費用(通信費、切手代)として定額1万円をいただきます。
※①から②、①から③、②から③へ移行した場合、それぞれ着手金の差額のみを追加でいただきます。

※②については、印紙代等の実費やが発生します。

報酬 

【取得額が3000万円以下の場合】

 25万円+取得額の8%

【取得額が3000万円を超える場合】

 125万円+取得額の4%

 

▼請求を受ける

着手金

①協議     33万円 
②訴訟     44万円
※その他、諸費用(通信費、切手代)として定額1万円をいただきます。
※①から②、①から③、②から③へ移行した場合、それぞれ着手金の差額のみを追加でいただきます。

※②については、印紙代等の実費やが発生します。

報酬  44万円

遺言書検認手続代行

手数料

11万円

 

遺言執行者報酬

相続財産300万円以下

33万円

相続財産が300万円を超え、3,000万円以下

相続財産の2%+26万4000円

相続財産が3,000万円超え

相続財産の1%+59万4000円

墨田区の錦糸町駅から徒歩2分 | 鈴木淳也総合法律事務所

Copyright © 鈴木淳也総合法律事務所 All Rights Reserved. [login]