メニュー

錦糸町の弁護士へ法律相談 | 鈴木淳也総合法律事務所 - 相続財産の調査方法

03-6853-6757 受付時間:平日9:00 - 18:00 / 土曜9:00 - 15:00 お問い合わせフォームは
24時間365日受付中

トピックス

相続財産の調査方法

カテゴリ: 相続・遺産分割 公開日:2021年12月20日(月)

pixta 66011232 S

 

 

画像1 東京都墨田区、錦糸町駅そばの鈴木淳也総合法律事務所です。

 

 

 相続財産の調査方法について解説いたします。

 

 

相続財産の調査が必要な理由

①相続財産の全容を把握しないと、適切な相続税の計算が行えない。

②相続財産の全容を把握したうえで、遺産分割協議を行わいと、後日、紛争が生じる可能性があります。

③限られた期間内で相続放棄するかどうかの判断が出来ない

 

以上のことから、相続財産を限られた期間内で漏れなく調査することが必要となります。

以下に記載しているとおり、相続人個人で調査することが出来ます。

相続財産の調査方法

預金通帳や郵便物は調査において重要な情報源です。

 

通帳内の取引を見ると、証券会社への送金、証券会社からの入金、保険料の引き落とし、固定資産税の引き落とし、といった財産を探すうえで手がかりとなる情報を見つけることが出来ます。

 

証券会社や金融機関からの郵便物も財産を探す手がかりとなります。

 

 

 

 

預貯金の調査

通帳、キャッシュカード、銀行からの手紙からどの金融機関に口座を開設していたかを特定していきます。

 

金融機関の特定が出来たら、その金融機関に対し、残高証明書の発行を求めることになります。

相続人であれば、一人で申請することが可能です。

 

申請方法は、各金融機関のホームページに記載があります。

 

注意点は、各金融機関で定める発行手数料(1通あたり1000円程度)がかかること、

必要書類として、以下のものが必要となることが多いです。

①被相続人が亡くなったことがわかる戸籍謄本

②相続人であることがわかる戸籍謄本

③申請者の実印、印鑑証明書

 

不動産の調査

⑴ 権利証(登記識別情報通知書)

土地であれば地番、建物であれば家屋番号を特定し、登記簿謄本で権利関係を確認することになります。

では、どうやって、地番や家屋番号を調べるのか。

一番は、権利証(登記識別情報通知書)を見つけることです。

自宅を探しても権利証が出てこない、という場合は、名寄帳を取得することとなります。

 

⑵ 名寄帳

名寄帳とは、各市町村が固定資産税を課税するために作成している固定資産税台帳を所有者ごとにまとめたものです。

当該市町村内にて所有している不動産を一覧で確認することが出来ます。

 

固定資産税の納税義務者すなわち不動産の所有者の相続人であれば申請可能です。

 

株式の調査

⑴ 通帳、郵便物から証券会社が特定できる場合

通帳内の記載や証券会社からの郵便物からどの証券会社と取引があったかが判明している場合、その証券会社に対して残高証明書の発行を申請します。これは、預貯金の残高証明書の発行を求めるのと同じです。

法定相続人であることが分かる書類の提出を求められます。

 

⑵ 証券会社が特定できていない場合

証券会社の特定が出来ない場合、証券保管振替機構に対して情報開示請求を行うことになります。

証券保管振替機構は、通称「ほふり」と呼ばれていて、証券会社から預けられた投資家の株式等を保管し発行会社へ株主通知を行うなどしている振替機関です。

 

被相続人がどの証券会社に証券口座を保有しているのか開示してもらうのです。

開示によって証券会社が特定できたところで、各証券会社に対し、残高証明書の発行を求めることとなります。

 

まとめ

相続財産の調査は相続人自身で行うことが可能です。

 

初めて行うという方が大半であり慣れていないことから大変な心労を感じる方もいらっしゃいます。

 

弁護士にご依頼なされば、煩雑な調査も全て任せることが出来ます。

 

当事務所では相続トラブルについて多く扱っています。

 

初回相談料は無料です。

リモートによる相談も可能で、遠方にお住まいの方からの依頼も承っております。

ご相談は事前予約制です。問い合わせフォームからお問い合わせいただき、面談の予約をお取りください。

 

当事務所の弁護士費用

 

墨田区の錦糸町駅から徒歩2分 | 鈴木淳也総合法律事務所

Copyright © 鈴木淳也総合法律事務所 All Rights Reserved. [login]