メニュー

【債務整理】任意整理とは?返済期間、借金の減額と返済シュミレーション - 墨田区の錦糸町駅から徒歩2分 | 鈴木淳也総合法律事務所

03-6853-6757 受付時間:平日9:00 - 18:00 / 土曜9:00 - 15:00 お問い合わせフォームは
24時間365日受付中

トピックス

【債務整理】任意整理とは?返済期間、借金の減額と返済シュミレーション

カテゴリ: 借金・債務整理 作成日:2020年05月09日(土)

任意整理

 

東京都墨田区の錦糸町で弁護士をしている鈴木淳也です。

債務整理の中の任意整理について説明します。

1.任意整理とは

任意整理とは債務整理の一つの方法で、弁護士が裁判所を利用せず、貸金業者と直接和解交渉し、長期の分割払いで支払う旨合意する手続です。

 

貸金業者からの借入れは、借入開始時から現在までの間のどこかで利息制限法の定めを超える利息(年15%~年20%を越える)がついていたことが多いので、この部分について減額を求めることになります。

その上で、残った借金を36回ないし60回分割で支払っていく方法です。債権者によっては、80回ないし100回くらいまでの超長期分割に応じてくれる業者もあります。

2.任意整理を行うメリット

⑴ 弁護士に依頼した後、和解が成立して返済開始月がやってくるまで返済する必要がない

 この間を利用して、弁護士の着手金を分割で支払ったり、貯蓄をして生活を立て直すこと可能となります。

返済日が近づくとお金のやりくりで頭の中がいっぱいだった方は、そのような負担から解放されます。

 

⑵ 弁護士に依頼した後、債権者からの取立行為がなくなる

 返済日に支払えないと、債権者から連絡が来て、そのたびに精神的負担を感じてらっしゃった方が多いと思いますが、

弁護士に依頼した後は、直接債権者から連絡がくることはありません。

 

⑶ 過去に払い過ぎた利息があれば、大幅に借金が減額される可能性がある

 貸金業者は、利息制限法により、借入額が10万円以上100万円未満で18%、100万円以上で15%までしか利息を取ることは出来ないことになっています。

過去に借金が100万円まで借入が膨らんだ方は、その後返済して借金残高が100万を下回っていても、15%が利息の上限のままです。

 

しかし、過去には、この上限を超す利息を設定していた貸金業者が多くありました。

現在の利息が法律上の上限内に設定している債権者は多いので現在の利息だけ見てもわかりません。

 

長い間、借入と返済を繰り返してこられた方は、払い過ぎた利息が多いために任意整理により借金が大幅に減額となる可能性があります。

 

弁護士に任意整理を依頼したところ、借金が0円となり、過払い金としてお金が逆に戻ってきたという方もいらっしゃいます。

解決事例

 

⑷ これまで支払っていた利息がかからなくなる

 任意整理する方のこれまでの返済実績にもよるのですが、大多数のケースでは、これまで支払っていた利息が今後はかからない形で和解することが可能です。

 

 利息による返済総額の違い

 

⑸ 自分で債務整理する債権者を選んで整理することができるので、親族や知人、会社からの借入分を整理から除外できる

 自己破産や個人再生手続の場合には、全ての債権者に支払いを止めますので、親族、知人、会社から借入がある場合、それらについても支払いは出来ません。しかし、任意整理の場合は、特定の債権者とだけ和解しますので、その他の債権者についてはこれまでどおりの返済となります。

 

※あくまで弁護士がそれで構わないと判断した場合の話であり、必ずしも希望どおりになるわけではありません。 

 

⑹ 裁判所を利用しないため、資料収集の手間等がかからない

 

⑺ 自己破産と違い、職業制限、資格制限はない 

3.任意整理をした場合、しない場合の返済総額の比較(シュミレーション)

設例:A社からの借金の額が100万円で利息が年15%、毎月2万円ずつ返済をしていく。

 

⑴ 任意整理せずそのまま支払う場合

 毎月2万円を支払っても大部分が利息に回ってしまいます。

例えば、1回目の返済で2万円を支払っても、利息に1万2499円まわり、元金は7501円しか減りません。

返済で元金が減った分2回目以降、利息の金額自体は減っていくのですが、設例の場合は最初の2年間は1万円以上、つまり半分以上が利息に回ってしまいます。

完済するのは、6年7か月後で、総支払額は157万9050円。利息として57万9050円支払うことになります。

 

⑵ 弁護士に任意整理を依頼する場合

 利息がかかりませんので、毎月2万円ずつの返済ですと、50回分割となります。支払った金額は全て元金に充てられ、4年2か月で完済できます。もちろん、総支払額は100万円です。

 任意整理をすれば、完済するまでの期間が短くなりますし、総支払額も少なくなります。さらに、過去に払い過ぎた利息があれば、そもそも100万円を支払う必要もありません。 

 

4.任意整理の流れ

① 弁護士に依頼して各債権者に受任通知を送り、支払を止める

          ↓ 

② 弁護士が債権者(金融機関など)から過去の取引履歴を取り寄せる

          ↓

③ 弁護士が過去の取引履歴を適法な利息に基づき引直し計算を行い 最終的な債務金額を算出する

          ↓

④ 弁護士が債権者(金融機関など)と返済案を基に返済について交渉する

          ↓

⑤ 債権者(金融機関など)との交渉がまとまり、和解書を作成

          ↓

⑥ 和解内容にしたがって、依頼者は返済を開始する

 

※当事務所では、①から④の間に着手金を分割で弁護士に支払うシステムですので、債権者への返済と弁護士費用の支払いが重なることがありません。

5. まとめ

借金が膨らみ毎月の支払いが苦しくなったらなるべく早い段階で弁護士にご相談ください。早く任意整理を行えば、生活を早く立て直すことが出来ます。

当事務所では、借金・債務整理に関して、初回は無料相談を承っています。

借金に関して、お気軽にご相談ください。

 

 

借金・債務整理

 

墨田区の錦糸町駅から徒歩2分 | 鈴木淳也総合法律事務所

Copyright © 鈴木淳也総合法律事務所 All Rights Reserved. [login]