メニュー

【貞操権侵害】彼氏が既婚者と発覚!独身と偽った交際相手へ慰謝料請求。その相場は - 墨田区の錦糸町駅から徒歩2分 | 鈴木淳也総合法律事務所

03-6853-6757 受付時間:平日9:00 - 18:00 / 土曜9:00 - 15:00 お問い合わせフォームは
24時間365日受付中

トピックス

【貞操権侵害】彼氏が既婚者と発覚!独身と偽った交際相手へ慰謝料請求。その相場は

カテゴリ: 男女トラブル 公開日:2020年09月04日(金)

貞操権の侵害

 

 

画像1 東京都墨田区の錦糸町駅そばの鈴木淳也総合法律事務所です。

 

 

インターネットで知り合った彼氏と交際を続けてきたけど、実は既婚者で騙されていたというトラブルが多々あります。

 

最近では、マッチングアプリで簡単に異性と知り合い、交際に発展するケースが多いです。

 

当事務所への相談・依頼は、既婚者の男性に騙された女性からが圧倒的に多いです。

 

騙された女性は、婚姻適齢期の方も多く、大切な時間を既婚男性に費消されたことになり、行き場のない悲しみや怒りを持たれています。

 

時間は戻ってきませんが、交際相手に対して、法的に請求できるものがあります。

以下の解説を読まれて、交際相手に慰謝料請求したいという気持ちになられた方は、当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

貞操権、人格権の侵害

⑴貞操権とは

既婚者が独身と偽り交際をしていた場合には、貞操権であったり人格権の侵害となり、不法行為となります。婚約までしていなくても、慰謝料、すなわち損害賠償義務を負うことになります。

 

貞操権というのは、性的な関係を結ぶ相手を自分で選ぶ権利や、自己の意思に反して性的な侵害を受けない権利のことをいいます。

 

既婚者との性行為は不貞行為(不法行為)となるのですから、彼氏が既婚者であると知っていたら性行為をしない意思決定をしていたのに、その意思決定の自由を侵害されたということです。

 

⑵既婚者と知らなかった

貞操権の侵害が問題となるケースでは、既婚者であると知らなかったか否かが争点となることが多いです。

 

婚活サイトやお見合いサービスで知り合ったような場合は,既婚者であると知る由もないといえますし、マッチングアプリで知り合ったという場合であっても、交際期間中のメールやLINEのやりとりが残っていれば,やり取りの内容に独身であることを前提としたものがあれば,独身であると偽り装っていたことの立証が出来ます。

 

独身と偽っていたことが認められやすい一例

1.LINEでのやりとり

女性:「わたし、独身の人としか交際するつもりないのですが、〇〇さんは独身ですか?」

男性:「そうだよー」

このようなやりとりがLINEやメール等で残っていれば、既婚者であるのに独身と偽って交際していたことが明らかとなります。

 

2.出会いサイトやマッチングアプリの自己紹介のところに独身と表記されている。結婚相手を探していると記載されている。

 

また、仮にこのようなやりとりが残っていなかったとしても、相手方が独身と偽っていたことを認めるケースも多数ありますので、最初から諦める必要はありません。

 

不法行為となった場合に認めらる慰謝料

⑴慰謝料の金額

事案により慰謝料は数十万円から数百万円の幅があります。

 

当初は既婚者であることを隠して性交渉をった後早い段階で既婚者であること明らかにし妻と離婚するからといって交際を続けていたよう場合、既婚者であることを隠していたものの結婚に向けての話などせず交際をしていた場合は、貞操権の侵害となるにしても、慰謝料の金額は低くなる傾向にあります。

 

一方で、既婚者であることを隠し続け結婚をほのめかし交際を長期間続けた場合には、高額になる傾向があります。必ずしも、婚約が認められる必要はありません。

 

⑵裁判例

 

① ケース1

婚約の認定なし(お見合いサイトで知り合う)、妻子の存在隠して3年交際

→慰謝料250万円

 

被告は,本件サイトに会員登録し,独身であると偽って原告との交際を始め,結婚を前提とした交際であると信じた原告との間で,3年間近くにわたって肉体関係を伴う交際関係を継続したものであり,被告の上記行為は,原告に対する不法行為を構成するというべきである。そして,前記認定事実を総合すれば,原告が被った精神的損害を慰謝すべき慰謝料は250万円を下らないと判断するのが相当である。(東京地判平成19年9月21日)

 

② ケース2

婚約の認定は無し、妻子の存在を隠し交際期間5年以上

→慰謝料250万円

 

少なくとも,被告は原告に対して既婚者であることを告げたりしていないのであるから,既婚者である被告との性交渉も含めた交際を継続してきたことは,結婚を前提とした交際とは異なり,何ら実りの得られない不毛な関係というべきであって,一面に経済的な利益を享受していたとしても,被告の行為(当初,独身であると偽り,その後も既婚者であることを知らせなかった行為)により,原告が被った精神的な苦痛は,法的保護の対象とすべき利益の侵害と評価することができ,被告には不法行為が成立するものというべきである。(東京地判平成21年1月14日)

 

以上は、あくまで裁判になったら、という場合の金額です。

当事務所で扱う案件の多くは、訴訟までいかずに解決するのがほとんどです。

そして、訴訟で認められるであろう金額よりも高額で和解できているケースが多数です。

彼氏が既婚者かどうか調べる

交際相手が既婚者であるかどうか最後まで分からず交際が終わることも多々あります。

 

実際、当事務所の依頼者の中には、男性の妻から不倫の慰謝料請求の連絡を受け、初めて既婚者であったと気付いたという方も多々いらっしゃいます。

 

交際していくなかで、彼氏が独身かどうか怪しいと思ったら、どうするか。

当事務所の依頼者の中には、戸籍謄本を持ってくるように伝えたという方もいらっしゃいますが、大方の男性は持ってくることはありません。

 

⑴ SNSをチェックする

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムを探してみるのが有効な方法です。

交際相手のものを見つけられた場合、そのなかに既婚者であるかどうかの情報が詰まっていることがあるからです。

同じ苗字の女性が何度も「いいね」をしている、女性と映った彼氏の写真がある、子どもの写真が載っているなど。

 

また、交際相手と友達になっている方(コメントやいいねをよくする親しそうな人)の投稿もチェックしてみると、

その方の投稿やそのコメント欄に情報が潜んでいることもあります。

 

⑵ 身分証を確認してみる

既婚者である場合は、そもそも偽名を使っている可能性もあります。交際相手に偽名を使うことなど、通常ありえません。

偽名であればその段階で、既婚者である可能性が高くなります。

身分証すら見せてくれない場合も、既婚者である可能性が高いでしょう。

 

⑶ 車の中をよく調べてみる

車の中をよく観察してみると、既婚者であることが分か情報が潜んでいることがあります。

子ども用のぬいぐるみ、おもちゃ、衣類が置いてあるなどです。

またナビの履歴を見ることで、情報が得られる可能性もあります。

 

弁護士の調査権限による調査

弁護士は、依頼事件の処理に必要な場合は、住民票や戸籍の調査を行うことが可能です。

住所と氏名がわかれば、住民票を取得し、そこから本籍地を割り出し、戸籍を調べることが出来ます。

これによって、既婚者である証拠を取得することが可能です。

 

なかには、住所がわからないという方も多くいらっしゃいます。

その場合であっても、携帯電話番号がわかっていると、弁護士は、弁護士会照会という方法で通信会社に対して、その番号の契約者情報の開示を弁護士会を通じて求めることが可能です。

 

交際相手が乗っている車のナンバーが分かれば、同様に弁護士会照会を通じて登録者情報の開示を求めることも可能です。

 

ここから、契約者の住所を調べることが出来るため、前述のとおり戸籍の調査を行うことが可能となります。

 

いきなり興信所に依頼して高額な費用を支払う、というのはもったいないですのでやめた方がよろしいです。

逆に慰謝料請求されるリスク

当初は交際相手が既婚者であると知らず、また知らないことに過失がないとしても、交際の途中に既婚者であると知ったにもかかわらず、その後も性交渉を含む交際を継続してしまった場合 は、知って以降の行為が交際相手の配偶者に対する不法行為となり,交際相手の妻(又は夫)からの慰謝料の対象となります。既婚者であると知った場合は、直ちに交際を終了させましょう。

 

既婚者であるかもしれないと思ったにもかかわらず交際を継続した場合には、過失が認められる可能性もあり、交際相手の配偶者からの慰謝料請求が認められるリスクが高まります。

それ以外にも、貞操権侵害による慰謝料の額が減額されるリスクも出てきます。

ですから、既婚者かもしれないという疑いが強まった段階で交際はやめた方がいいでしょう。

 

まとめ

 

・交際相手が既婚者なのに独身と騙されていた方は、貞操権の侵害として慰謝料請求できる

 

・慰謝料の相場は幅があり、数十万から数百万である

 

・当事務所で扱った案件では、裁判で認められる金額よりも高額な慰謝料で協議和解できたケースが多い

 

・交際相手が既婚者であると知ったら直ちに交際を終わらせないと、逆に慰謝料請求されるリスクがある

 

・高い探偵費用を支払う前に、自分でSNSを調査したり、弁護士に相談した方がいい

貞操権侵害による慰謝料請求の相談は当事務所へ

独身であると騙されて交際をし続けてしまった方、これまでの時間が戻ってくるわけではありません。せめて出来ることとすれば、交際相手に対して慰謝料を請求することです。

 

金銭請求などは行わず早く新しい一歩を踏み出すという選択でもいいと思います。ただ、法的な対応をご検討されている方は、弁護士にご依頼ください。

 

当事務所では、男女問題に関して積極的に取り扱っており、初回は無料相談を承っています。

 

電話による相談も可能で、遠方にお住まいの方からの依頼も承っております。

ご相談は事前予約制です。問い合わせフォームからお問い合わせいただき、面談の予約をお取りください。

 

当事務所の料金表

 

離婚・不倫等の男女問題

 

 

 

 

解決事例

 

1 女性 交際期間2か月弱で慰謝料90万円獲得

flow

マッチングアプリをきっかけに知り合った男性と肉体関係を伴う交際を開始。そこから2か月弱が過ぎたあたりで、交際相手の言動に不信感を抱くようになり、交際相手のSNS等を調べたところ既婚者の可能性が高いと考えるに至り当事務所に慰謝料請求のをご依頼されました。

依頼人は当初から独身者としか交際しないと伝えており、男性は独身と言い続けていました。 

男性が独身者と偽っていたことがわかるLINE等の証拠はなし。

 

当事務所にご依頼されたのち、弁護士が弁護士が貞操権侵害を理由に慰謝料請求をし、交渉した結果、交際期間は短かったのですが、慰謝料90万円で和解に至りました。

 

 

2 女性 交際期間1年。結婚の話もしていた男性が既婚者。慰謝料150万円獲得

flow

出会い系サイトをきっかけに知り合った男性と肉体関係を伴う交際を開始。交際から半年過ぎたあたりで、交際相手は時々、結婚の話もするようにもなっていました。

交際期間が1年程経ったあたりで、交際相手の車から子供用品が見つけて妻子がいることが発覚し、当事務所に慰謝料請求のをご依頼されました。

 

当事務所にご依頼されたのち、弁護士が貞操権侵害を理由に慰謝料請求をし、交渉した結果、慰謝料150万円で和解に至りました。

 

 

3 女性 交際期間半年間で半同棲。慰謝料300万円獲得

flow

マッチングアプリをきっかけに知り合った男性と肉体関係を伴う交際を開始。そこから1か月程で半同棲状態になりました。相手の男性は転勤が多い方で、転勤となったら一緒に付いてきて欲しい等と言っていましたが将来の結婚の話はありませんでした。交際開始から半年経過して、交際相手の言動から既婚者の可能性が高いと考えるに至り当事務所に慰謝料請求のをご依頼されました。 

男性が独身者と偽っていたことがわかる証拠はあり。

 

当事務所にご依頼されたのち、弁護士が貞操権侵害を理由に慰謝料請求をし、相手も弁護士を付けて交渉した結果、最終的に慰謝料300万円で和解に至りました。

 

 

墨田区の錦糸町駅から徒歩2分 | 鈴木淳也総合法律事務所

Copyright © 鈴木淳也総合法律事務所 All Rights Reserved. [login]